呉服・和装・印伝 山森呉服店掲示板

お陰様で創業106周年。店主のエッセイもたまに。

浜の真砂③

先頃ご来店下さった初めてのお客様。お年頃は私と同じくらいか。
お客「このきものに合いそうな帯を見せてもらえませんか?」

おれ「いらっしゃいませ。わざわざおきものをご持参下さり話が早いです。ありがとうございます。
  ああ、素敵な紬(つむぎ)ですね
お客「知人のお子さんの結婚披露宴によばれたんです。でも、これに合いそうな帯を持っていなくて・・・」

おれ「えっ!これは紬ですから、およばれには全く向きませんよ」
お客「ええっ?およばれには着て行けないんですかこのきもの?」

おれ「これを着てきたから会場に入るなとは言われないでしょうけれど、あなたは笑われます。
   紬はおよばれ用のきものではありません。普段着またはおしゃれ着です」
お客「だって、私にこれを勧めた呉服屋さんが
   《これ、およばれにも大丈夫ですよ》って説明したから買ったのよ!高かったのよ!」

おれ「およばれには、訪問着か付け下げ、または色無地一つ紋が適当なきものなんですよ」
   嘘や慰めを申し上げてお客様が当日大変なことにならないよう、ここは思い切って真実を申し上げた。
お客「おーまいごっど!」




こちらもおーまいごっど!だ。

すごい呉服屋がいたものである。いや、本当に呉服屋だったのだろうか?
この手の話は昔から尽きることがない。星の数ほどあるトラブルパターンの、ほんの一例である。

振込み詐欺、還付金詐欺が後を絶たないのと似ている。
ニュースや何かでいやというほどそれを聞いているはずなのに、なぜか次々コロリコロリ。

ならば、そういう手合いが無限ならば、こちら(消費者)が知識を身に付けるしかないのではないか。
それが面倒ならその商品を買わないこと。
それでも欲しいなら、どの店が、誰が信用できるのか見抜く能力を備えること。

この業界に身を置き36年。この手の話は千回万回聞いても慣れることがない。


(完)





  1. 2017/02/06(月) 19:03:53|
  2. 店主の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<再おしらせ 臨時休業日 | ホーム | 浜の真砂②>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimonoinden.blog43.fc2.com/tb.php/4849-4670a578
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤達也 四代目店主

Author:佐藤達也 四代目店主
呉服・和装・印伝専門店

カテゴリー

バロメーター

最近の記事

最近のコメント

更新カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ここの歴史